トータルプランの詳細

  • 基本プランAからEまでをすべて実施し、ランディングページから最終購入ページまでスムーズに操作できるかを診断します。
  • ターゲットのユーザー層を明確にし、ユーザーの一般的な購入操作に基づいたシナリオを作成します。想定ユーザーによるユーザーテストを実施しユーザーがスムーズに購入操作ができるか、反対にストレスを与えるユーザビリティの問題点は何かを診断します。
  • UX Power トータルプランで実施する「基本プランA~E」、「ユーザーテスト定量解析」、「アナリストによる分析」、「30人テスト定量解析」では競合他社(1サイト)の比較診断も標準でご提供します。
  • サイト改善後、アクセス解析ツールによる効果測定を行い、その結果からユーザビリティの問題点となるターゲットスポットを複数設定し30人テストを実施します。この診断によってより効果的にユーザビリティの問題点を定量的に解析し診断します。
  • 当社ツールUxBridgeによる、ユーザー行動の定量解析を行い、定性的な診断と合わせてサイトの特徴、問題点を洗い出します。

※ サイトのアクセスログ解析データをご提供いただくことによって、解析データの分析、効果測定を当社にて実施しアクセスログ解析レポートを作成致します。

※ お客様サイトにGoogleアナリティクス等、アクセスログ解析ツールが導入されていない場合は、オプションで解析ツールの導入をサポートさせて頂きます。

■お申し込みからプラン完了までの期間

お客様によるサイト修正期間、効果測定期間、サイト公開のスケジュールにより大きく変動しますが、お申し込みから本プラン完了まで最短で約2ヶ月、最長で約6ヶ月〜8ヶ月の期間を頂いております。

■納品物

UX Powerトータルプランでは、以下のレポートを納品いたします。

  1. アクセスログ解析データ分析レポート(サイト修正前)
  2. 基本プランA~E、ユーザーテスト結果および1回目サイト改善提案レポート
  3. アクセスログ解析データ分析レポート(1回目サイト改善後)
  4. 30人テスト結果および2回目サイト改善提案レポート
  5. アクセスログ解析データ分析レポート(2回目サイト改善後、最終レポートに含まれます)
  6. 最終レポート

■料金お支払方法について

銀行振込

■オプションサービス

UX Powerトータルプランでは、以下のオプションサービスをご用意しています。オプション料金につきましては、お申込み時に、お問い合わせください。
◆ Googleアナリティクス解析ツール導入サポート
◆ アイトラッキングによるデータ収集、データ分析
UX Powerトータルプラン診断結果の報告会(訪問)
◆ 英文での各種レポートのご提出

定量解析プランの内容

30人テストついて

当社登録テスターの中からECサイトのターゲットユーザーを30人抽出して会員登録から購入までの一連のユーザー行動パターンを収集します。UxBridgeによる定量解析とアンケート調査によりサイトのユーザビリティにおける課題を包括的に洗い出します。

 UxBridgeについて

タグの埋込みやサーバーインストールを必要としない
画期的なユーザー行動解析ツール

■ タグの埋め込みやサーバーへのインストールが不要

一般的にアクセス解析ツールには「タグ埋め込み型ツール」と「アクセスログ解析型ツール」の2種類があります。前者は「Google アナリティクス」などソースコードにタグを埋め込むタイプで、後者は「AWStats」などWebサーバーにインストールして使用するものです。当社開発のユーザビリティ解析に特化したUxBridgeはタグの埋め込みやサーバーへのインストールを必要としません(注1)。よって定量的なユーザー行動解析をお客様のECサイトや競合他社サイトで即実行することが可能です。UxBridgeは現在、当社が実施するユーザーテストの解析ツールとして威力を発揮しています。

■ ユーザー行動を定量解析

グラフ、数値で問題点がはっきり指摘されますので、上司にも問題点が伝わります。

ユーザーテストの目的はWeb上でのユーザー行動を観察・分析し、ユーザビリティを向上するためのヒントを得ることです。その手法としてこれまでは、ユーザーの行動と発話の内容、ビデオ撮影、画面のキャプチャーなどで得たデータを分析することが主で、定性的な解析を中心に行ってきました。これらのデータをもとに定量的な解析を試みようとしても、非常に手間がかかり、膨大なデータの解析は事実上不可能でした。

UxBridgeは、Web上でのユーザー行動を記録し、それを自動的に数値化、可視化します。たとえば、ページ遷移、ページ滞留時間、ページ訪問回数、マウスの移動などを逐一記録し、それを自動的にグラフ化します。

■ Webユーザビリティ・アナリストによる複合的なサイト診断

UxBridgeを用いて、当社のWebユーザビリティ・アナリストが解析することにより、これまでの定性的なアプローチとは異なった視点からサイトの特徴、問題点が見えてきます。また、アナリストが当社データベースや経験則を駆使して解析した結果の数値的な裏付けを得られるケースもあります。つまり、これまでの定性的手法プラス定量的な解析を行うことにより、より複合的なサイト診断が可能となり、お客様のECサイトがストレスを感じないWEBサイトに生まれ変わるお手伝いをいたします。

 

(注1)UxBridgeは特定のユーザーがこれをインストールしたPCを使ってユーザーテストを行い、そのユーザー行動データを収集します。一方、不特定多数のユーザーを対象としたアクセス解析は、「Google アナリティクス」 や「AWStats」などのツールが有効です。

ユーザーテストについて

御社サイトのターゲットユーザーに一致する一般のユーザーが、シナリオ(指定した商品を購入するなど)を元にして操作します。それを当社のアナリストが観察することにより、ユーザーが陥りやすい問題点を発見します。

単なる仮説-検証方式では先入観、常識などにより、考え出す仮説に限界があります。先入観を排除し、ユーザーの行動をつぶさに観察することにより、思いもよらない問題点が発見される可能性が高まります。

通常は1サイトにつき5人程度のユーザーがテストします。

英語版ECサイト診断のため、外国人ユーザーによるユーザーテストも行っています。英語のECサイトの問題も、お気軽にご相談ください。

▽当社アナリストによるユーザーテストの様子

アクセスログ解析について

アクセスログシステム(Google アナリティクスなど)を用いて、Webにアクセスするユーザの様々な統計データを採取し、それを当社のアナリストが解析します。

これにより、Webサイトの改善の効果測定(コンバージョンレート、リピート客、ページの離脱率の増減など)を行い、次の改善に生かすことができます。

PDCAサイクル

Plan(計画)→Do(実行)→Check (確認)→Action(行動)の4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する手法の一つ。

Plan(計画) :実績や将来の予測などをもとにして計画を立てる
Do(実施・実行) :計画に沿って業務を行う
Check(点検・評価) :業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する
Action(処置・改善) :実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする