対戦結果レポート 花屋さん

  • 本レポートは2010年12月頃のサイトの内容をもとに作成しています。現行サイトはリニューアルされ本レポートの内容と異なる場合がございますことをご了承ください。
  • UxBridgeによる定量解析データは公開しておりません。

当社では、ユーザーテストをはじめとする各種の診断プランを対戦形式で実施し、ユーザーの購買操作を妨げているWebユーザビリティの問題点を洗い出し、改善提案をご提供しています。 本レポートは、その対戦の結果と考察をまとめたものです。

*ユーザーテスト結果などの対戦結果レポート詳細の閲覧には、無料会員登録およびログインが必要です。

対戦結果 概要

1. 総評

商品と情報の豊富な花屋さんA、お洒落な花屋さんB

お花を贈り物として買って送りたい場合、商品の実物がイメージできるような画像や商品情報があること、送り先の住所が簡単に入力できることなどが求められます。

花屋さんAは、商品画像を拡大でき、商品説明の情報量が豊富なため(驚くことに、商品ひとつひとつの”重さ”まで表示されています!)、商品を具体的にイメージできるので、安心して購入決定することができます。一方、住所を入力するフォームは、入力画面が頻繁に切り替わるため、やや煩雑な印象です。画面の遷移を少なくして、手順をシンプルにすることで、入力がしやすくなると考えられます。

花屋さんBは、送り先住所入力フォーマットは、一般的に見慣れたレイアウトで、情報入力が一画面で行えるので、入力しやすいです。サイト全体として、抑えた色調で統一され、おしゃれで洗練された印象を受けますが、商品詳細ページの商品画像が拡大できないのが残念です。商品画像を拡大できたり、色々な角度から見ることができれば、より購入決定がしやすくなると考えられます。

↑ページTOPに戻る

2. ユーザビリティスコア

五つのカテゴリそれぞれ数十項目について7点満点で採点し、さらに重要度に応じた重み付けをした結果の平均点です。

評価する内容 花屋さんA 花屋さんB
ランディング
ページ
5.63 5.83
商品の
見つけやすさ
5.40 5.59
商品の
決めやすさ
5.56 5.53
注文の
しやすさ
5.19 5.53
会員登録の
しやすさ
5.56 5.34
合計点 27.34 27.82

↑ページTOPに戻る

3. リサーチハイライト

合計金額の確認のしやすさ
ショッピングカードでの合計金額の表示
「お買い物かご」へアクセスするだけでなく、さらにその先の「レジ」まで進まないと、合計金額が表示されません。
ショッピングカードでの合計金額の表示
「カートを見る」をクリックすれば、合計金額がすぐにわかります。
エラー箇所とエラー内容のわかりやすさ
エラーメッセージの表示方法
情報の入力ミスをした際、エラーメッセージが別ウィンドウで開いて表示されますが、そのウィンドウを閉じた後は、元の画面に戻るだけというケースがあり、どの箇所をどう間違えたのかがわかりにくいです。
エラーメッセージの表示方法
情報の入力ミスがあった場合、エラーメッセージがページ上部に表示されます。しかし、問題発生箇所に画面が動いたり、問題箇所がハイライトされているわけではないので、自分で間違った箇所を探す必要があります。
会員登録の際の入力のしやすさ
会員登録フォームでのプロセスの表示
会員登録のプロセスが表示され、新規ユーザーにも登録までの手順が明確です。
会員登録フォームでのプロセスの表示
会員登録のプロセスの表示がなく、現在位置や、会員登録の流れを把握することができません。
  • 本レポートは2010年12月頃のサイトの内容をもとに作成しています。現行サイトはリニューアルされ本レポートの内容と異なる場合がございますことをご了承ください。
  • UxBridgeによる定量解析データは公開しておりません。

↑ページTOPに戻る