対戦結果レポート 化粧品サイト

  • 本レポートは2010年12月頃のサイトの内容をもとに作成しています。現行サイトはリニューアルされ本レポートの内容と異なる場合がございますことをご了承ください。
  • UxBridgeによる定量解析データは公開しておりません。

当社では、ユーザーテストをはじめとする各種の診断プランを対戦形式で実施し、ユーザーの購買操作を妨げているWebユーザビリティの問題点を洗い出し、改善提案をご提供しています。 本レポートは、その対戦の結果と考察をまとめたものです。

*ユーザーテスト結果などの対戦結果レポート詳細の閲覧には、無料会員登録およびログインが必要です。

対戦結果 概要

1. 総評

商品の情報満載の化粧品サイトA、シンプルで安心志向の化粧品サイトB

化粧品を買い物するときの特徴のひとつに、複数の商品を見比べて色や成分などをじっくり吟味する、ということがあげられます。ECサイトで化粧品を購入する場合、実際に肌につけてみたり、手に取って比べられないぶん、商品説明のわかりやすさ、写真・画像の美しさ、大きさ、色見本の鮮明さ、クチコミなどの情報量の適切さなどが極めて重要で、ユーザーの商品選択や購入決定に大きな影響を与えます。

化粧品サイトAは、商品の写真がカラフルで数も豊富なため、ショップ内を見て回るのが楽しく、買おうと思っている商品以外にも買いたくなるようなサイトです。また、特価キャンペーンがトップページの目立つ位置に掲載されいて、ユーザーの買い物心をくすぐります。
商品をカートに入れたとき、カートの変化が一瞬で切り替わってしまい、ユーザーは商品を正しくカートに入れたかどうか確認しづらいため、カートの中身をすぐに確認できるような場所に配置するなどすると、さらに買い物しやすいサイトになるでしょう。

化粧品サイトBは、ブランドイメージの通り、派手さはないものの堅実で良質な商品を提供しているという好印象をユーザーに与えるサイトです。サイト全体がブルーで統一されていて、買い物するユーザーに落ち着きと安心感を与えています。また、各商品のすぐ横に「カートに入れる」ボタンが配置されているため、ユーザーは間違いなく商品選択、購入をすることができます。
化粧品に使用されているカテゴリー名やカテゴリー分けが、初めて利用するユーザーにはなじみのないものがあるため、一般的に用いられている用語や種類でカテゴリー分けすると、ユーザーはさらにスムーズに商品探しができるでしょう。

↑ページTOPに戻る

2. ユーザビリティスコア

五つのカテゴリそれぞれ数十項目について7点満点で採点し、さらに重要度に応じた重み付けをした結果の平均点です。

評価する内容 化粧品サイトA 化粧品サイトB
ランディング
ページ
6.13 6.51
商品の
見つけやすさ
5.53 5.77
商品の
決めやすさ
5.53 5.70
注文の
しやすさ
5.97 6.17
会員登録の
しやすさ
5.41 6.21
合計点 28.57 30.36

↑ページTOPに戻る

3. リサーチハイライト

会員登録の理解のしやすさ
少々ハードルが高い会員登録
会員には、「会員」と「ネット会員」という二つの用語があり、初めて利用するユーザーには、2つの会員の違いが理解しづらいです。
ログインページの「新規会員登録について」という説明書きに、商品の注文をするとネット会員になるという説明が記載されていますが、会員の区別を理解するのに少し時間がかかります。
難易度が低い会員登録
トップページには、グローバルナビゲーションと右側のサイドバーの2か所に「新規会員登録」ボタンがあり、それぞれ「はじめての方」という案内と説明が付いていて、初めて利用するユーザーにとってもわかりやすいです。
ショッピングカートに商品を入れたときの表示のわかりやすさ
カートに商品を入れたときの表示
「カートに入れる」ボタンをクリックすると、ボタンの表示が「カートに入りました」に数秒間変わりますが、切り替わりの時間が短いため、ユーザーはその変化に気づきにくく、商品が正しくカートに入ったか確認しづらいです。
カートに商品を入れたときの表示
「カートに入れる」ボタンをクリックすると、「追加されました」というポップアップが数秒間表示されますが、表示時間が短いため、ユーザーはその変化に気づきにくく、商品が正しくカートに入ったか確認しづらいです。
購入手続きのステップの表示
購入手続きのステップの表示
会員登録せずに購入手続きに進むと、最初に新規会員登録を行う必要がありますが、購入手続きのステップは、会員登録の途中まで進まないと表示されません。そのため、注文完了までどのようなステップをたどるのか、会員登録しているときには把握できません。
購入手続きのステップの表示
会員登録をせずに購入手続きに進むと、最初に会員登録情報を入力する必要がありますが、その時点で注文完了までのステップがページ上部に表示されています。そのため、現在どのステップの手続きを行っているのか、ユーザーはいつの時点でも把握できます。
  • 本レポートは2010年12月頃のサイトの内容をもとに作成しています。現行サイトはリニューアルされ本レポートの内容と異なる場合がございますことをご了承ください。
  • UxBridgeによる定量解析データは公開しておりません。

↑ページTOPに戻る