対戦結果レポート 旅行サイト

  • 本レポートは2010年12月頃のサイトの内容をもとに作成しています。現行サイトはリニューアルされ本レポートの内容と異なる場合がございますことをご了承ください。
  • UxBridgeによる定量解析データは公開しておりません。

当社では、ユーザーテストをはじめとする各種の診断プランを対戦形式で実施し、ユーザーの購買操作を妨げているWebユーザビリティの問題点を洗い出し、改善提案をご提供しています。 本レポートは、その対戦の結果と考察をまとめたものです。

*ユーザーテスト結果などの対戦結果レポート詳細の閲覧には、無料会員登録およびログインが必要です。

対戦結果 概要

1. 総評

すっきりした予約手順の旅行サイトA、検索項目充実の旅行サイトB

希望の条件を入力して検索し、表示された結果の中から、商品(宿やプラン)を見つけて購入(予約)する、という旅行サイトでは、検索機能の使いやすさや検索結果の表示のされ方は、ユーザーの購入決定に深く関わってきます。

旅行サイトAは、検索結果一覧ページで、宿/ホテルごとにプランがひとまとまりになって表示されるので、いくつかの宿/ホテルを比較したい場合に、見やすいです。しかし、検索結果が0件の場合に表示されるメッセージが、素っ気なく、改善の余地があります。再検索へ導くヒントを載せたり、条件に合った検索結果をより多く表示することで、購入へ繋がる可能性が高まります。

旅行サイトBは、検索欄の種類や情報量が豊富で、どんな切り口からも検索が行えそうですが、選択肢が多いためにかえって、どこから検索を始めたらよいのか、迷ってしまうこともありそうです。一方、検索結果一覧ページで、わざわざトップページに戻らなくても検索条件を変更できる点は便利です。また、お客様の声(評価)の点数を検索結果一覧ページで見ることができる点も、優れています。

↑ページTOPに戻る

2. ユーザビリティスコア

五つのカテゴリそれぞれ数十項目について7点満点で採点し、さらに重要度に応じた重み付けをした結果の平均点です。

評価する内容 旅行サイトA 旅行サイトB
ランディング
ページ
5.87 5.53
商品の
見つけやすさ
5.84 5.38
商品の
決めやすさ
5.67 5.34
注文の
しやすさ
6.40 5.11
会員登録の
しやすさ
6.20 5.80
合計点 29.98 27.16

↑ページTOPに戻る

3. リサーチハイライト

予約確定前に入力情報の確認ができるかどうか
予約確定前に再確認できる
予約確定をする前に、入力した情報を確認できるページがあるので、予約確定前に、予約日や人数などを再確認できます。
予約確定前に確認ページが無い
入力した情報を予約確定する前に最終確認するためのページが無いので、手順は短くて済みますが、入力した内容に間違いがなかったかどうか、やや不安を感じます。
商品一覧ページの表示内容
宿を比較しやすいページレイアウト
「宿・ホテルごと」の表示がデフォルトの表示方法になっています。宿ごとに画像とプランがひとまとまりで表示されるので、宿のイメージとプランを把握しやすいです。
宿を比較しにくいページレイアウト
「宿泊プランごとに表示」がデフォルトの表示方法になっています。同じ宿名、同じ画像が連続して縦に連なる中、プランをひとつひとつ見ていく必要があるので、宿のイメージや特徴を把握しにくいです。
検索条件が反映されるかどうか
最初に入力した検索条件が保持されている

・「日付から探す」検索欄に日付、人数、泊数などの宿泊条件を入力して検索結果を表示した後、トップページに戻り、「地図から探す」で検索を始めた場合でも、最初に設定した条件が保持されています。

検索条件を再度入力する必要がある

・「日程から探す」検索欄に日付、人数、料金などの宿泊条件を入力して検索結果を表示した後、トップページに戻り、「地図から探す」で検索を始めると、最初に設定した条件が消えています。

・検索の入り方を変えると、新しいページに設定条件が反映させていないため、何回も検索条件を入れ直さなければならないので、面倒です。

  • 本レポートは2010年12月頃のサイトの内容をもとに作成しています。現行サイトはリニューアルされ本レポートの内容と異なる場合がございますことをご了承ください。
  • UxBridgeによる定量解析データは公開しておりません。

↑ページTOPに戻る